万馬券ホース!荻原義文の魂の1点予想~中京記念編

万馬券ホース 竹田

-
こんにちわ。
万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文の今週の中京記念情報です。
20180716manbaken-horse

-----

中京記念が中京競馬場の芝1600mという条件で行われるようになったのは2012年以降。
今の条件下でまだ6回しか行われていないが、波乱の度合いが強いハンデキャップ重賞だ。

過去6年の傾向を見ていくと
ハンデ戦だからといって下剋上を期待するのではなく、少し人気落ちの実績馬を狙うのが馬券組み立てのうえではよさそうだ。

というのも、斤量増となるような格上タイプや斤量据え置き組が好走しているからだ。
過去6年の勝ち馬6頭のうち5頭が57キロ以上、連対馬12頭のうち9頭が56キロ以上、明らかな傾向が見て取れる。

逆に54キロ以下の軽ハンデ馬に関しては壊滅状態に近く、抑えるとするならば54キロ以下の牝馬だろう。

年齢別では5歳、6歳馬の好走傾向が強く逆に7歳馬は連対まで、4歳馬に関して言えば連対すらしていない状況だ。

上記を踏まえて
今年の出走登録馬を見渡してみると

●●●

がまさに好走馬に該当する。

例年の傾向からいくと中京競馬は開催終盤を迎え追い込みが利く馬場状態になってくる。
そして当コースは直線が長いうえに最後は高低差2mの坂が待ち受けているので決め手が必要なのだ。
そこら辺を踏まえて一点予想を出すのでご期待頂きたい。

万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース
関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田