金杯以外の注目レース!カーバンクルSの展望

万馬券ホース 竹田

-



こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。

◎ レース分析
中山競馬場の芝1200mで行われるオープン特別戦です。短距離重賞は秋以降番組が少なく、特別戦で同じようなメンバーが対決する傾向にあります。ただし、別定戦では勝った馬は重い斤量を背負わされたり、ハンデ戦では軽ハンデ馬に足元をすくわれたりするため、連続して好走するのが難しくなります。

その意味では、暮れのラピスラズリSの再戦のようなイメージですが、調子や枠順でガラっと結果が変わるので、細かい条件を加味して、優先順位の入れ替えが必要になります。

 年明け初戦の1200m戦ですが、このあたりで賞金を加算しておかないと、春シーズンに入っても重賞参戦が難しくなります。どのレースで賞金加算するのか、陣営の思惑にも注目したいところです。

1月は、中山と京都の開催のため、1200m戦でもまったく特徴の異なるコースになります。そのため、より適性に合った競馬場を選んで出走することができるので、その見極めもポイントになります。


カーバンクルS



◎ コース分析
中山の1200m戦は、スタートから一気に坂を下り、そのまま4コーナーのカーブを回ります。当然ハイペースになりますが、コースが狭いのでそのスピードを保ちながら器用に立ち回る力も必要です。さらに、ゴール前の急坂が待っているというかなりタフなコースになります。スピードとスタミナとパワーのすべてが必要になる消耗戦ですね。

先行馬なら、器用に立ち回って、抜け出してからしぶとく粘り込むタイプ。差し馬なら、コーナーをロスなく立ち回りながら、直線でパワフルに突き抜けるタイプに向きます。一瞬のスピードではなく、スタミナやパワーが重視されますね。また、開催のラスト週ですから、荒れ気味の馬場への対応も必要だと思います。


◎ 出走馬分析
馬場状態や枠順は現時点では読めない状況ですが、注目馬はペイシャフェリシタです。ハーツクライ産駒で、エンジンのかかりがやや遅いタイプです。しかし、母系にダンチヒ系の
ケープクロスが入ることで、ピリッとした感じになっているので、中山の1200mにはぴったりになります。休み明けの方が好成績なのも、ダンチヒが効いている感じですね。

ハーツクライ産駒では、ロジクライも狙い目です。こちらも母父にミスプロ系、母母父にダンチヒ系という、こちらもピリッとしたハーツですね。1200mは出走が少ないですが、ここは一変して激走する可能性があります。

 その他では、アルマエルナト、エスターテ、キングハート、レジーナフォルテという、中山1200mでこその馬たちに注目ですね。枠順を見たうえで順位づけしたいところです。

 2020年も幸先よく、決めたいですね。



※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 









関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田