来年のクラシックを賑わすホースたちの祭典。ホープフルの展望

万馬券ホース 竹田

-



こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。





◎ レース分析
中山競馬場の芝2000mで行われる2歳限定GⅠです。
少し前なら有馬記念が一年の締めくくりで、年明けの金杯まで競馬のない時期ができるのが普通でした。



しかし、このレースがGⅠとして新設され、最終週に組み込まれるようになったため、「有馬が最後」という感覚はなくなってきました。
競馬好きにとっては、有馬の翌週にもう一日開催があることは喜ばしいですね。




 2歳の牡馬の目標はずっと朝日杯フューチュリティステークスでした。
しかし、このレースができたことで、長距離志向の馬たちの別路線としての役割を得ることになりました。



中山の2000mは皐月賞と同じ舞台なので、クラシックを目指す馬にとっては試金石としての意味もあると思います。




一方で、朝日杯とホープフルSに出走メンバーが分散することで、真の2歳チャンピオンを決めることが難しくなったともいえます。
いずれにせよ、現時点での中長距離適性馬の熱い戦いが見られる点で、非常に楽しみなレースです。





◎ コース分析
中山の2000m戦は、2歳馬にとってはかなりタフなコースです。
コーナーを4つ周り、急坂を2度超えます。つまり、器用さとパワーを要するコースであり、スピードや仕上がりの早さで勝ち上がってきた馬にとっては厳しい条件でしょう。




先行馬なら、器用に立ち回って、抜け出してからしぶとく粘り込むタイプ。
差し馬なら、コーナーを利用して徐々に押し上げていき、直線でパワフルに突き抜けるタイプに向きます。



一瞬のスピードではなく、スタミナやパワーが重視されますね。
また、開催のラスト週ですから、荒れ気味の馬場への対応も必要だと思います。





◎ 出走馬分析
馬場状態や枠順は現時点では読めない状況ですが、注目馬はワーケアです。
ハーツクライ産駒で、エンジンのかかりがやや遅くなるタイプです。

無題



しかし、これまでのレースでは東京の1800mでしっかり差しており、速い上がりを出しています。
たしかに、道悪が功を奏している面もありますが、その点でも今回の条件替わりはプラスに働くでしょう。




それ以外では、コントレイルです。これまでのレースが非常に味のあるもので、まだまだ成長しそうですね。
血統的に長く良い脚を使えるかがポイントになりますが、現時点での完成度は一番だと思います。




 その他では、オーソリティ、ヴィルトライゼンテ、ディアマンミノル、ブラックホールという、ステイゴールド系の馬たちです。
パワーとスタミナが必要な今回の条件は、ステイゴールド産駒の大好物ですから、割って入る可能性も十分です。




 本当の意味での2019年の締めくくりとして、楽しみにしながら観戦したいものですね。








※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 








関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田