年末に向けて一気に盛り上がる競馬界!阪神カップの展望

万馬券ホース 竹田

-


こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。





◎ レース分析
阪神競馬場の芝1400mで行われるGⅡ戦です。
有馬記念と同週に行われるレースなので、それだけでわくわくするレースといえますね。



ただし、阪神1400mで多頭数となれば、予想は難しいです。
スプリンターやマイラーが混在し、阪神の特徴であるゴール前での急坂適性、比較的狭い阪神の内回りコースでのごちゃつきなども考慮する必要があります。




 ローテーション的にも短距離、マイルGⅠ路線は既に終わっており、このレースに出走する陣営の意図も注意が必要ですね。



GⅠで結果が出なかった馬の余勢を選ぶのか、来年大きなところを目指すための賞金上乗せを狙うのか、いずれにしても混戦になる要素満載といえます。






◎ コース分析
阪神内回りの1400m戦です。阪神外回りコースができる前までのコース取りで行われ、外回りコースとは全く異なる適性が必要になります。



阪神内回りコースは俗にいう「おむすび型」コースであり、3、4コーナーでの立ち回りが大切になります。



コーナーリングというよりは、直線的に進む感じのコーナーです。
そのため、コーナーで徐々に加速するよりも、スタミナとパワーを生かして、直線を向いてからグイッと伸びるタフなタイプの方が合います。





先行馬なら、スッと抜け出してからしぶとく粘り込むタイプ、差し馬なら馬群を割る根性や急坂を利用してバテた馬を飲み込むタイプが好走します。
適性があれば、最後方からでも十分に届くコースです。





◎ 出走馬分析
馬場状態や枠順は現時点では読めない状況ですが、注目馬スマートオーディンです。
キンシャサノキセキ産駒で、まさに阪神1400mの申し子ですね。
逆にその極端な脚質から、他のレースではいつも持ち味を生かせずに終わってしまいます。
しかし、ここは休み明け2走目で待ちに待った条件に登場です。
最後方から鬼脚を発揮して豪快に差してくるのではないでしょうか。


無題



それ以外では、グランアレフリアですね。
桜花賞馬の秋初戦ですが、ノーザンファーム生産馬なので、いきなり好走できるでしょう。
初の古馬との対決なので、どのくらい通用するのか試金石となります。
ここでの結果次第では、来年がとても楽しみになりますね。





 その他では、マイスタイルやフィアーノロマーノも注目です。
マイスタイルは、函館記念を勝った馬ですが、秋になってから短距離路線へイメージチェンジを図っています。このタフな阪神1400mは合うと思います。





 フィアーノロマーノは、阪神1400mで行われた昨年のファイナルステークスを1番人気でしっかりと勝ち切っている点に好感が持てます。
このくらいの強いメンバーの中でもやれるかどうかですが、チャンスは十分あると思います。




 予想するのも観戦するのもとても面白いレースです。有馬記念へ弾みをつけるためにも、ぜひとも当てたいレースですね。








※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 






関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田