JRA重賞芝最長3600m!タフさを要するステイヤーズステークスの展望

万馬券ホース 竹田

-






こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。







◎ レース分析
中山競馬場の芝3600mで行われるGⅡ戦です。
昔はハンデ戦だったため波乱度の大きいレースでしたが、別定戦になってからはある程度堅い決着になりますね。




名前の通り、JRA重賞のうち最長距離で行われるレースで、しかも小回り急坂の中山コースという非常にタフなレースです。
当然、出走してくる馬も、タフであればあるほどいいという馬が多いですね。




 別定戦になってからは、有力馬も何回も出走可能となり、とてもリピーターの多いレースになりした。
好走馬もリピーターが多く、このレースしか好走できない馬もたくさんいます。




 オーラスの中山開催のスタートを飾るのに相応しい、非常にワクワクするレースと言えます。



 
◎ コース分析
中山内回りコースを完全に2周するコースです。
中山2000m戦を2回やるイメージですね。
小回りコースらしく、コーナーを8回まわります。
さらにゴール前の急坂を2回超えるため、とにかくタフなコースです。




このレースは、東京で行われるダイヤモンドSとは200mしか差がないですが、軽い馬場、ゆったりしたコーナー(コーナー6か所)、ダラダラ坂などの東京と比べると、圧倒的にスタミナやパワーを要するレースです。




また、コーナリングが巧くないとロスが多くなってしまいますし、その意味では内枠有利の傾向もあります。
これだけ特徴的なコースで好走できる馬は、逆にここ以外ではかなり苦しいレースを強いられるとも言えます。




ですから、他のレースでの結果に惑わされず、ここで力を発揮できる馬をしっかりと見極める必要があると思います。




好走できるタイプとしては、とにかくスタミナとパワーに優れ、コーナリングも巧いタイプですね。過去の好走馬はもちろん要注意と言えます。




◎ 出走馬分析
馬場状態や枠順は現時点では読めませんが、注目馬はモンドインテロです2016年と2018年にも出走し、ともに3着でした。



2017年は中距離路線を試していたため出走しませんでしたが、その後ダートを試したりしながら、結局この距離に戻ってきた感じですね。




2度の3着も勝ち負けできる際どいものであり、これだけタフな条件でもまだ距離不足のような感じでした。
この条件でしか好走できない馬という感じですので、陣営もここが全力投球と考えているでしょう。

無題



それ以外では、リッジマンとアルバートですね。
ともにこのレースの勝ち馬であり、他のレースではいつもスピード不足になります。
この間の結果は度外視して、ベストのこのレースで復活チャンスです。




 フレッシュなところではメイショウテンゲンですね。
不良の弥生賞を勝っているように中山内回りでスタミナとパワーを生かすタイプです。




母はメイショウベルーガでスタミナ抜群の馬でしたし、今回能力開花の可能性が十分ありますね。
軸には向かないかもしれませんが、相手には必ず入れたい一頭です。




 予想するのも観戦するのもとても面白いレースです。
今年の締めくくりに向けて、楽しみたいレースですね。






※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 








関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田