2歳馬にとって初めての2000m重賞 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスの展望

万馬券ホース 竹田

-





こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。





◎ レース分析
京都競馬場の芝2000mで行われる2歳限定GⅢ戦です。



暮れのGⅠホープフルSの前哨戦としての位置づけですが、基本的には多くの2歳馬がマイル中心で戦うため、出走頭数は少なくなります。



ただし、牡馬にとってはクラシック三冠レースは2000m以上ですから、この時期から長い距離を使ってくる馬たちには大いに注目したいところです。



 この後のホープフルSは、大ラスの中山2000mで行われるため、このレース以上にタフさが求められます。



このレースでは、器用に立ち回るレースセンスとスピードの持続力が問われるので、本番との結びつきで各馬を評価する必要があります。




 また、GⅠを除く2歳限定重賞ラストですから、有力馬の使い分けが上手なノーザンファームの馬にも注目したいところです。



この距離得意な有力馬を、あえてここまで待って出走させることもありますからね。



 
◎ コース分析
京都競馬場の内回りは、軽めの高速馬場と加速が必要なコーナーが特徴です。
ローカルのような小回りではありませんが、コーナーリングの巧拙での差が大きく出ます。



3コーナーからの下り坂があり、自動的に加速モードに入るため、スピードに乗りながら器用にコーナーを回れる馬に向きます。




2歳馬のレースで、少頭数になりやすいですから、一瞬の脚の使い道が大切になります。
安定したスピードと、一瞬の決め手を持つ器用なタイプが、最も勝ちに近いと言えます。





また、京都最終週であり気温も下がって幾分パワーも要する馬場になってきています。
一本調子のスピード馬では厳しいでしょうし、折り合いも重要になると思います。




◎ 出走馬分析
馬場状態は現時点では読めませんが、注目馬はヴァルナです。
京王杯でも注目しましたが、あの時は未勝利を勝ち上がったばかりの状態でした。




3着して素質の高さは見られましたが、勝ち馬との差は大きかったですね。
エピファネイア✕ダンスインザダークという配合ですから、東京のマイルで瞬発力勝負より、京都の2000mで持続力を生かす方がはるかにいいです。

無題



それ以外では、2戦2勝馬のマイラプソディです。
前走はラストの伸び脚が素晴らしかったですし、奥が深そうなハーツクライ産駒。



ノーザンファームの馬でもあり、さらに上昇してくるでしょう。
ただし、前走は5頭立てで、メンバーも決してレベルが高くない中での勝利なので過信はしないようにします。




 札幌で未勝利戦を圧勝したミヤマザクラにも注目したいですね。
前走では小回りコースを長く良い脚を使って圧勝しました。



牝馬でありながら、この距離を狙って出てくるのは、適性を考えてのことでしょう。
こちらもノーザンファームの馬なので、このレースに合わせて十分鍛えられていることと思います。




 頭数は少ないですが、今後に向けて楽しみな馬たちがたくさん出てきます。期待して観戦したいと思います。









※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 








関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田