ワグネリアン、スワーヴリチャード等々 今年も出るか?未来のGI馬東京スポーツ杯2歳ステークスの展望

万馬券ホース 竹田

-




こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。






◎ レース分析
東京競馬場の芝1800mで行われる2歳限定GⅡ戦です。
朝日杯FSやホープフルSの前哨戦としての位置づけのレースです。



ここでのレースぶりによって、阪神1600mの朝日杯に行くか、中山2000mのホープフルSに行くかの判断もできます。



 最近ではノーザンファームなどの外厩調整馬が活躍する傾向があり、有力馬はレース間隔が空いていても関係なく好走する傾向にあります。



1戦1勝馬でも十分上積みを持って重賞挑戦できるので、力関係を把握するのが難しいとも言えます。



京王杯、デイリー杯、東京スポーツ杯と続く2歳重賞ですが、それぞれに有力馬を分散させるのが最近の傾向です。



ただ、その中で東京1800mというごまかしの効かない条件で行われるこのレースは、後のクラシックでも主役を張るような将来性ある馬たちが集まるレースです。




 
◎ コース分析
東京競馬場は、軽めの高速馬場とラストの長い直線が特徴です。
コーナーはゆったりしていて器用さもあまり求められないコースです。



じっくりと脚を溜めて、最後の直線で一気に弾けるイメージですね。
特に1800m戦は展開要らずと言われるように、ラストに鋭い末脚を繰り出せる馬は、順当に走ることができます。




また、毎年右回りでスムーズさを欠いていた馬が、同レースで素質を開花させることも多いですね。



右回りでは、最後の直線で内に切れ込んだり、もたれたりしている馬は、初の左回りで本領を発揮できるようになります。
特に、東京コースは広く、頭数も多くないので走りやすいですからね。




◎ 出走馬分析
馬場状態は現時点では読めませんが、注目馬はアルジャンナです。
1戦1勝馬ですが、ノーザンファームの馬なので、ここでも当然勝負になるでしょう。

無題


前走の新馬戦はとても味のあるいいレースをしました。特に、直線を向いてからジョッキーがわずかに前傾姿勢になっただけで、スッと加速し、あっという間にかわしていくレースはまだまだ奥があると感じました。
ディープ産駒ですし、いかにも府中で弾けそうな馬ですね。




相手にはコントレイルを挙げます。
血統的にはアルジャンナとよく似ており、当然ここでも有力です。




アルジャンナよりも軽快さがある分、2歳戦ではこちらの方が完成度で勝るかもしれません。
新馬戦では、ほとんど持ったままで圧勝しており、ここも適性十分だと思います。




 これまでの戦績からラインベックやショコラブリアンにも注目したいですね。
ただし、この時期になると、仕上がりの早さで実績を上げてきた馬よりも、クラシックを意識してじっくり育ててきた馬の方が活躍しだすので、力関係を見誤らないようにしたいですね。




特にラインベックは、アパパネにディープという超良血で、2戦2勝の戦績からも人気になると思います。
ただし、その2勝とも中京競馬場の道悪という特殊な条件の中でのものです。




東京1800mの良馬場でごまかしの効かないレースの中でどれだけのパフォーマンスを発揮するのかとても楽しみですね。








※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 







関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田