3歳と古馬、上り馬と重賞常連馬、先行馬と追い込み馬などの比較が予想のポイント、富士ステークスの展望

万馬券ホース 竹田

-


こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。




◎レース分析
東京競馬場の芝1600mで行われるGⅢ戦です。
マイルチャンピオンシップの叩き台としてローテーション的にもちょうどいいですね。


ただし、別定戦なので既に重賞勝ちなどで賞金を稼いでしまっている馬は出走しにくいレースになります。


しかし、3歳馬はもともと斤量が軽いので、重賞を勝っていてもそれほど重い斤量にはなりません。
そのため、春に実績を出してきた3歳馬に人気が集まる傾向があります。



 一方、古馬では夏の上り馬や近走でオープンに昇格した馬が狙ってくるレースでもあります。
ここで賞金を乗せておかないと、GⅠレースでは除外される可能性が高いからです。
マイル戦線は、オープン馬が多いですからね。



先週は台風の影響で馬場状態が読みにくかったですが、秋の東京開催は基本的に超高速馬場での戦いになりやすいです。



しっかりと脚を溜めて、スピード比べができる、とても見応えのあるレースでもありますね。

無題


 
◎コース分析
東京競馬場は、軽めの高速馬場とラストの長い直線が特徴です。
コーナーはゆったりしていて器用さもあまり求められないコースです。
じっくりと脚を溜めて、最後の直線で一気に弾けるイメージです。



実は1600m戦は1800mよりもタフな展開になります。
前半ゆったりと流れる中でじっくりと脚を溜めて、強烈な末脚を繰り出せる1800mに対し、1600mはテンから速い流れに乗りながら脚を溜めなくてはなりません。



それでいてラストも33秒台の上りが求められます。
人間の陸上でいえば、400m走のようなイメージですね。
短距離戦に属しながら、一気に走り抜けるにはかなり苦しい、ギリギリの距離といった感じですね。



 昔からよく言われる「テンよし、中よし、終いよし」というフレーズがぴったり合うのがこの秋の高速府中マイルなのです。
このようなバランス力に優れた馬を選ぶことが大切であると言えますね。



◎出走馬分析
馬場状態は現時点では読めませんが、注目馬はレッドオルガです。
府中のマイルはベスト条件で、速いペースの中で折り合いをつけながら直線で一気に速い脚を繰り出せる牝馬です。



準オープンもこのコースで勝ち上がり、最初の重賞挑戦で2着。
この時も府中マイルの東京新聞杯でしたね。



そして前走3人気に押されたGⅠ戦、ヴィクトリアマイルでしたが、鋭い脚で追い込んできた矢先に進路がカットされ、立ち上がるほどの不利。
結果は11着でした。休み明けも走りますし、ここはリベンジのチャンスですね。
今度はスッと抜け出して賞金上乗せを狙っていると思います。



それ以外では、プロディガルサンが面白そうです。
ディープ✕ストームキャットという、この条件はぴったりの血統ですね。
3歳馬では、GⅠ馬のアドマイヤマーズ、この条件いかにも得意なカテドラルあたりが狙い目です。



 この結果次第でマイルチャンピオンシップの盛り上がりが変わってきます。楽しみなレースですね。










※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 







関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田