エリザベス女王杯へ!アイルランドトロフィー府中牝馬ステークスの展望

万馬券ホース 竹田

-

こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。




◎ レース分析
東京競馬場の芝1800mで行われる、牝馬限定のGⅡ戦です。
古馬牝馬の秋最大の目標であるエリザベス女王杯。
その前哨戦となるのがこのレースですね。



GⅡにグレードアップして、よりその位置づけが明確になったように思います。
春の有力馬と夏の上り馬が合い見える、非常に面白いレースです。



 牝馬は消長が激しく、春の実績馬が必ずしも秋にも活躍できるものでありません。
また、夏の上り馬にしても、そろそろ調子が下降線になる時期とも言えます。
ですから、現在の状態を加味しての力関係というのがポイントになります。



もう一つ注意したいところは、牡馬の中に入ってもGⅠで勝ち負けできるような超一流牝馬は天皇賞、JC、有馬記念という古馬の王道を進む点です。



また、マイラーとして優秀な馬もエリザベス女王杯ではなく、マイルチャンピオンシップに向かう可能性があります。
その点では、ゴマカシの効かない府中の1800mで行われるこのレースは、今後の路線を決めるうえでも重要といえるでしょう。


無題

 
◎ コース分析
東京競馬場は、軽めの高速馬場とラストの長い直線が特徴です。コーナーはゆったりしていて器用さもあまり求められないコースです。じっくりと脚を溜めて、最後の直線で一気に弾けるイメージです。特に1800m戦は昔から「展開要らず」と呼ばれるように、折り合いとラストの切れ味を発揮できれば、有力馬は取りこぼしなく勝てるコースです。

裏を返せば、有力馬であっても、地力がなくレースの巧さで勝ち上がってきた馬には苦しいといえます。しっかりと折り合いをつけて、しっかりとした末脚を繰り出すことが大切なのです。

ただし、今年は台風の影響次第では、馬場状態がパワーに寄る可能性もあります。当日の馬場状態を踏まえた上で、地力をいかんなく発揮できる馬から狙ってみたいですね。




◎ 出走馬分析
馬場状態は現時点では読めませんが、注目馬はフロンテアクイーンです。
いつも安定した力を発揮して好走する馬ですが、ベスト条件はワンターンの1800mである東京1800mです。昨年も7人気で3着しているように、好位で脚を溜めてしっかりと直線で脚を伸ばしてくる良さが発揮されます。
もし雨が降って馬場が悪くなっても、メイショウサムソン産駒ですからね。むしろ好材料でしょう。



それ以外では、ダノングレースが面白そうです。
ディープ産駒で、この条件はぴったりですね。
同条件だった初音ステークス勝ちを見るとわかります。


また、人気でしょうがラッキーライラックもここで巻き返して、再度GⅠでの活躍につなげたいですね。
オルフェーブル産駒ですから、こちらも重馬場歓迎でしょう!



 このレースの結果次第で、秋のGⅠの盛り上がりが変わってきます。楽しみなレースですね。








※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 







関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田