波乱要素十分!ち密な計算が必須 シリウスステークスの展望

万馬券ホース 竹田

-



こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。




◎ レース分析
阪神競馬場のダート2000mで行われる、オープンのハンデ重賞です。
阪神ダート2000mの重賞というのはこのレースだけです。かなり特徴のあるコースで、しかもハンデ戦ですから波乱の要素も十分あります。また見応えもあるレースです。



夏の上り馬と秋のGⅠ戦線に向かう実績馬の力関係がかぎになります。
調子の面だけでなく、ハンデ差の面もですね。実績馬は休み明けで重い斤量を背負うことも多いので、取捨の判断が難しくなります。



一方で、夏の上り馬も比較的平坦で小回りなレースを勝ち上がってきていますから、かなりタフな阪神2000m戦でも同じだけのパフォーマンスができるのかがポイントになります。
血統やレースぶりから、今回の条件に最も合う馬を選び出すことが重要になってきます。



 
◎ コース分析
阪神競馬場は、ゴール前の急坂が特徴的ですね。
ダート2000m戦では、スタートが4コーナー奥からで、最初のコーナーまで十分な距離があります。
また、芝スタートとなるためスタートダッシュをしやすいコースでもあります。


ただし、ダッシュしすぎて無理をすると、いきなりの坂越えでスタミナを消費してしまう恐れもあります。
ゆったりとポジション取りができる一方で、ゴール前の急坂を越えるタフさが要求されるのですね。



このコースはかなりタフなコースで、豊富なスタミナと2度の坂越えをクリアーするパワーが必要です。器用に立ち回ることが得意な馬にとっては厳しいコースです。
逆に、不器用でいつも消化不良になっているような馬にとっては激走のチャンスになります。



好走イメージは、スタートからじっくりと自分のペースで追走し、3コーナー過ぎから徐々に進出し、ラストの坂でバテた馬を飲み込んでいく感じでしょう。
先行馬にしても、他の馬に脚を使わせながら粘り込む、タフなタイプに向きます。




◎ 出走馬分析
馬場状態は現時点では読めませんが、注目馬はジョーダンキングです。
不器用ですが、豊富なスタミナとパワーでグイグイ追い込んでくるタイプで、阪神ダート2000mはまさにピッタリな条件ですね。ここは大チャンスです。

無題



それ以外では、2月に同コースで行われた仁川ステークスの好走馬、アングライフェンやピオネロ、それ以外ではタイムフライヤーやテルペリオンあたりが面白いですね。



 いかにも波乱が起こりそうな今回のメンバーなので、高配当を狙っていきたいところですね。










※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 







関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田