いざ!菊花賞へ!紫苑ステークスの展望

万馬券ホース 竹田

-





こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。




◎ レース分析
中山競馬場の芝2000mで行われる、3歳牝馬限定のGⅢ戦です。
夏競馬が終わり、いよいよ秋競馬スタートですね。


中山、阪神開催は、秋のGⅠへのトライアルレースが目白押しですが、その第1弾となるのが秋華賞トライアルの紫苑ステークスです。


中山2000mは、急坂を2回越える非常にタフなコースです。
牝馬には特にそうですね。

無題



本番の秋華賞は同じ2000m戦ですが、平坦で高速馬場の京都なので求められる適性は異なります。
トライアルとはいえ、直結はしないレースです。
ただし、重賞に格上げされたことで、メンバーの質がアップしているので、以前よりは本番でも好走する馬も増えてきています。


また、もう一つのポイントは、ローテーションですね。
春以来休養していた有力馬と、夏競馬を使って力をつけてきた馬との比較が難しいレースといえます。


特に3歳の牝馬ですから、気性面の難しさや成長度の見極めが非常に難しいです。
その分予想も面白いですね。


 
◎ コース分析
中山競馬場は、ゴール前の急坂が特徴的ですね。
2000m戦では、スタートが4コーナー奥からで、最初のコーナーまで十分な距離があります。
ゆったりとポジション取りができる一方で、ゴール前の急坂を越えるタフさが要求されます。


3、4コーナーではロスなく回りたいところですが、ゴチャつく場面も多くあるので器用さも求められます。そしてラストの坂越え(2度目)ですね。


コーナーリングの巧さが必要であり、かつ坂越え2回のタフさも要求されるコースです。
繊細かつ大胆なタイプが好走するということですね。


ですから、好走するタイプとしては、切れる脚ではなく持続的な脚を使える馬。
また、ラストまで踏ん張る根性を持っている馬です。


道中ロスなく回り、コーナーを利用して加速しながら、直線でグイっと前に出るタイプですね。開幕週なので、あまり外々を回ると届かない可能性もあります。



◎ 出走馬分析
馬場状態は現時点では読めませんが、注目馬はフェアリーポルカです。
三カ月半ぶりのレースですが、春の時点で素質の片鱗はみせていたので、初戦から勝負でしょう。


ルーラーシップ産駒はトライアルレースに強く、特に3歳秋には混戦で浮上してくる傾向があります。いかにもここが合いそうなタイプですね。


それ以外では、春の実績馬カレンブーケドールや中山2000mが合いそうなレオンドーロ、クールウォーターあたりが面白いですね。


 3歳牝馬の秋初戦、タフな中山戦、秋華賞のトライアルなど、いかにも波乱が起きそうなレースですから、冷静に見極めて高配当を狙いたいですね。









※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 







関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田