夏の終わり。北海道シリーズも最終週。札幌2歳ステークスの展望

万馬券ホース 竹田

-




こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。




◎レース分析
札幌競馬場の芝1800mで行われる2歳限定GⅢ戦です。
早いもので北海道シリーズも最終週を迎えますね。


夏競馬も終わりということでもあり、一抹のさみしさもあります。
札幌開催の締めくくりとして、夏競馬でデビューした馬たちの決戦です。


1800mという距離は、中距離路線を目指す馬たちの試金石です。
仕上がりの早さやスピード任せで新馬勝ちした馬たちには厳しい条件ですね。


先週行われたマイル戦の新潟2歳S、今週行われる短距離戦の小倉2歳Sと合わせて、適性や今後の展望を踏まえたレース選択にも注目です。


札幌2歳Sは、芝の1800mで実施されます。
この条件はGⅢのクイーンSと同じ条件で、特徴的なコースです。


クラシックにもつながっていく条件ですので有望な馬が揃う傾向にあります。
今年も楽しみなメンバーが揃いました。

無題



 
◎コース分析
札幌競馬場は、基本的に平坦小回りですが、直線部分が少なく、その分コーナーもそれほどきつい印象はありません。


具体的には、小回りコースの中では、比較的ゆったりしたコーナーを持っていますし、ゴール板が4コーナーに近いところに設定されているために4角からゴールまでの距離はとにかく短いですね。
つまり、極端に言えば円形に近いコースということができます。


よって、コーナーリングの巧さと平均的なスピードを発揮できるタイプに向きます。
じっくり脚を溜めて直線で切れる脚を使うタイプには向きませんね。
そのため直線が短い割に差しも決まります。


一般的には好意のインをロスなく周り、最後の直線ですっと抜け出して残るタイプに最も向きますね。
ただし最終週ですから、洋芝のタフさにも対応できる方がいいですね。



◎出走馬分析
馬場状態は現時点では読めませんが、現時点での注目馬はダーリントンホールです。
外国産馬ですが、父はサドラー系のニューアプローチで、洋芝絶好ですね。


初戦のレースぶりを見ても、クラシックよりもここが狙い目だと思います。
雨が降って力が要る馬場になればさらにいいと思いますね。


もう一頭は、前走が驚異の大差勝ちだったゴルゴンダです。
ヴィクトワールピサ産駒で、いかにも札幌得意な早熟馬といった血統です。


いずれはダートの方にシフトしていきそうな馬ですね。
もちろんここも力が要るコースですので勝ち負け必至でしょう。


あとは、ゴールドシップ産駒のサトノゴールドですね。この3頭は今後もかなり楽しみな逸材だと思います。


枠順が出た段階でさらに検討を加えて、点数を絞って大きく勝負したいですね。









※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 






関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田