夏本番!九州スポーツ杯の展望

万馬券ホース 竹田

-

こんばんわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文からの情報です。


◎レース分析
小倉競馬場のダート1700mで行われる2勝クラス(1000万下)の定量戦です。小倉開催が始まると、いよいよ本格的な夏競馬シーズン到来という感じがしますね。涼しい北海道開催があるにもかかわらず、酷暑の小倉へ遠征してくる馬や陣営は暑さに強いというプライドを持っているのではないでしょうか。


“夏は牝馬”という言葉もある通り、暑さを制することがこの時期のレースを制するといってもいいでしょう。また、予想する側としても暑さに対する実績や血統なども検討しなければいけない開催となります。


 平坦ダートの2勝クラスで、1700mというローカル特有の微妙な距離で行われる戦いですから、この条件をピンポイントで狙ってくる馬も多いと思います。古くはメイショウカイドウのように小倉大王みたいな馬もいました。この時期に一気に条件戦を駆け上がっていく馬にも注目です。


無題



 
◎コース分析
小倉競馬場は、ローカル競馬場ではありますが、3・4コーナーはスパイラルカーブになっており、小回り感は少ないですね。そのため、他のローカル競馬場に比べて、最後の直線でごちゃついたり、前が詰まったりするシーンは少ないと思います。


また、2コーナー過ぎから緩やかな下りが続くため、スピードが出やすくなります。本来は流れが落ち着いてゆったりと脚を溜めるべきところで、ペースが上がるということです。急な登り坂がない割に、終いが苦しくなるコースなのです。


よって、上りや全体の時計自体は速いですが、終いまで踏ん張りきるサバイバル型に向くコースといえます。さらに、本レースはダートですが、両馬場のダートは他場よりも力を要するので、スピードよりもスタミナやパワーが必要です。



◎出走馬分析
馬場状態は現時点では読めませんが、現時点での注目馬はシュプリームゾーンです。小倉コースがベストで、スタミナとパワーを生かしてジワジワと伸びてくるタイプですね。前走は新潟コースで前がバテないために届きませんでしたが、自分なりにしぶとく伸びてきており、大きく負けていません。小倉の1700mに変われば好勝負可能でしょう。できれば内枠を引いてロスなく進みたいですね。


それ以外では、安定した先行力としぶとさが魅力のダノンプレシャスとダノンロイヤルですね。戦歴が似ているダノン2頭ですが、血統的には後者の方が向いていると思いますね。3歳馬ですが、エルモンストロも楽しみです。


 気温や突然の雷雨など、当日の天気が気になりますが、夏競馬らしい熱い戦いになることを期待して、楽しみながら予想を組み立てたいと思います。






※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 







関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田