今週の注目レース TVh杯 ハイレベルとは言い難くても味のあるレース

万馬券ホース 竹田

-



こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。



荻原義文のTVh杯の情報です。



◎レース分析
函館競馬場の芝1200mで行われる3勝クラス(1600万下)のハンデ戦です。
近走成績もあまり芳しくない馬たちが集結するので51~52㎏くらいの軽ハンデ馬もかなり多くなります。


それでいて斤量差もそれほどないので、要するに低レベルメンバーだということですね。


無題



 今週から中央開催が終わり、ローカル3場体制になります。
美浦組は福島、栗東組は中京が最も近いですが、その中であえて函館を選んでくる馬の中には、明らかに函館の適性ドンピシャという馬も多いです。


また、暑さに弱い馬や放牧を見据えた馬なども、ここを狙ってくる傾向にあります。


北海道遠征馬は、函館開催から札幌開催を通して狙っているのが普通です。
つまり、函館と札幌のどちらに適性があるかを見極めることも、予想するポイントと言えます。


函館コースと札幌コースは、洋芝コースという点だけが共通点で、必要な素養はまったく異なりますからね。

 
◎コース分析
函館競馬場は、とにかく馬場が力の要る洋芝であることが最初のポイントです。
開催が進んだり、雨が降ったりすると、途端に時計がかかるようになります。


二つ目のポイントは、1200m戦で特に気にするポイントです。
1200m戦のスタートから3、4コーナー途中までずっと上り坂が続きます。
テンでスピードに乗りすぎると、最後に余力がなくなるコースなんですね。


最後は小回り対応力ですね。
狭いコースでカーブもきついので、開催の前半はロスなくインを回ってくる必要があります。
それでいて、4コーナーで内に閉じ込められて、追えずに終わる馬も多いのが特徴です。


よって好走馬イメージは、前半ジワっと先行してロスなく回り、直線でインからスッと抜け出すパワータイプの馬ということになります。


開催が進めば、外差しも決まりやすくなりますが、TVh杯については先行イン抜け出しが最も好走できると思います。



 




 





 


 

◎出走馬分析
枠順や馬場状態がかなり影響しますが、現時点での注目馬はハウメアです。
2走前、3走前のレースの進め方が、まさに理想的でした。


前走は、阪神の1400m戦でタフな戦いだったので、最後伸びを欠きました(ジョッキーも本気で追っていなかったようにも見えました)が、適距離に戻れば好走必至でしょう。


函館の特殊なコースも、昨年勝利しているようにまったく問題ないと思います。


それ以外では、パワータイプのスワーヴアーサー、距離短縮で変わりそうなエスターテ、51㎏なら勝ち負けになるイサチルルンルンも面白いですね。


春GⅠシーズンから夏競馬へ。またまた楽しみなシーズンがスタートします。予想も幸先よくいきたいですね。






※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 





関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田