梅雨のない北海道、難解なスプリント戦、鍵となるのは?

万馬券ホース 竹田

-



こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。



荻原義文のHTB杯の情報です。


◎レース分析
函館芝1200m、2勝クラスのレースです。
2勝クラスという呼び名には、まだ違和感がありますが、これまでの1000万下条件ですね。


日本ダービーが終わり、北海道開催のスタートを飾るレースです。
下級条件とはいえ、楽しみが多いレースですね。


この時期の北海道はまだまだ涼しく、肌寒ささえ感じます
。暑さに弱い馬やジョッキーにとっては最高の舞台ですね。


函館競馬場は、一年の中でこの時期の2開催しか行われません。
しかも1開催3週ですから、合計6週間だけの開催になります。
つまり、絶好の馬場状態で迎える開幕週ということになります。

無題



2勝クラスのメンバー構成ですが、ここから札幌開催までの間でポンポンと勝ち上がって、秋にはオープン馬という例も毎年ありますね。
牧場から近く、放牧も見据えながらレースできる点でも恵まれていると思います。


 
◎コース分析
絶好の馬場状態とはいっても、函館競馬場は最も時計を要する馬場で有名です。
洋芝であることとスタートから3、4コーナー中間までひたすら登り続ける、登山コースだからです。


小回りでコーナーもきつく、一見スピードと器用さが必要と思われますが、上り3Fは35秒台が普通で、追い込みも決まります。


他の競馬場と質が違うので、近走成績だけで判断すると痛い目に合います。
逆に函館だけは別馬になって激走する馬もたくさんいるので、そのあたりの見極めが予想のポイントですね。



 




 





 

◎出走馬分析
前半にスピードを生かして行き過ぎると後半脚に来るコースなので、パワー型でジワジワ進み、3コーナー過ぎから押し上げていく馬が狙い目ですね。


狙ってみたいのはシンデレラメイクです。
昨年も函館で好走した馬で、時計がかかるコースで力を発揮するタイプですね。
ディープブリランテ産駒は、ディープインパクトをパワー系に寄せた感じなので、ここは好走可能です。


ロイヤルメジャーもここを待っていた馬ですね。
過去3年、毎年函館で好走しているので、陣営も明らかにここ勝負という感じでしょう。


ダイワメジャー産駒で、切れよりもスタミナで勝負するタイプです。
函館の稍重馬場でも好走しているので、力のいる洋芝でこそのイメージですし、さらに道悪になっても対応できると思います。


それ以外でも、パワー系の血統だったり、重馬場実績があったり、ダートでも好走していたりする馬を、近走成績関係なく選びたいですね。
もちろん高配当を期待です。





※lineの友達登録お願いします。



 



[pr]今週の重賞はこの3頭で!



右矢印http://fm.tekityu-detalab.com/?action_FrontDesk=true&id=3454b86544&ad_code=td0007



 



 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

にほんブログ村



 





単勝・複勝(競馬)ランキング



 




関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田