大器晩成現るかっ!青葉賞

万馬券ホース 竹田

-

こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文のテレビ東京杯青葉賞の情報です。

◎レース分析
東京芝2400m。日本ダービーと同じ舞台で行われるトライアルレース。
もちろん注目のレースですが、本番につながるかというと必ずしもそうではありません。
有力なのはやはり皐月賞組であり、ここで権利を獲るようなレベルでは足りないのです。


とはいえ、シンボリクリスエスやウインバリアシオン、エタリオウなどその後大きなレースで活躍する馬も出ています。
“遅れてきた大物”の可能性を頭に置きながら、現時点での力関係を考えることが大切になりますね。

無題


  
また若駒にとって2400mの距離を経験する場面は少なく、実際にあったとしても少頭数の中での瞬発力比べというレースしかないのが現状です。
その意味では、ダービートライアルのここでどのようなパフォーマンスをできるかを見ておくことはとても大切だと思います。



◎コース分析
東京2400mは競馬の王道と言ってもいいスペシャルな条件です。
日本ダービー、オークス、ジャパンカップという、GⅠ中のGⅠが実施される条件です。
しかも、暖かい季節になって時計の速い、ごまかしの効かないコースになっています。


 本番と比べて、スローの瞬発勝負になる傾向はありますが、じっくり溜めて豪快に弾ける地力が必要です。
ディープインパクト産駒絶好の舞台とも言えますね。
その他ではハーツクライやルーラーシップなどトニービン色の強い産駒も好走します。
“府中のトニービン”はオールドファンなら懐かしいフレーズですよね。



◎出走馬分析
これまでの実績ももちろん大切ですが、遅れてきた大物を探す意味では、条件戦を勝ち上がってきた良血馬も狙いたいところですね。


一頭目の注目馬は、ランフォザローゼスです。
エアグルーヴを祖母に持つキンカメ産駒ですね。
中山戦で2戦連続2着ですが、府中の2400mに替わってさらに持ち味が生きるでしょう。


もう1頭はビンシェルです。
オークス馬メジロドーベルの仔で、父はルーラーシップという、この条件ぴったりの馬ですね。未勝利を勝ち上がったばかりですが、全走も府中の2400m戦。
遅れてきた大物のイメージ通りです。


それ以外ではキタサンバルカン、タイセイモナーク。
どちらもルーラーシップ産駒です。
また、トーセンカンビーナ、サトノラディウス、ウーリリ、アドマイヤスコールというディープ産駒も面白いですね。
最後のアドマイヤスコールだけディープブリランテですけどね。


良血たちが、日本ダービーのチケットを賭けて戦う青葉賞。
それだけで期待が膨らみますし、本番でも大仕事をしてくれるような気もしてきますよね。

楽しみにしたいレースです。



万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース



関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田