荒れる雰囲気プンプンの福島牝馬ステークス

万馬券ホース 竹田

-
こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文の福島牝馬Sの情報です。

◎レース分析
福島競馬場で行われる牝馬限定重賞。
それだけで荒れそうな雰囲気がありますが、実際に毎年波乱傾向にありますね。芝1800mで行われるため、マイラーから中距離タイプまでの牝馬が終結することも要因の一つです。
  
ただ、G1級の馬たちは中央開催のレースに回るので、こちらはオープンクラス級で賞金を重ねたい馬たちの争いになります。予想する面では難解ですが、反面面白いレースでもあります。


無題



◎コース分析
福島1800mは、ちょっとしたスパイラルカーブとちょっとしたゴール前の坂が特徴です。
あくまでも“ちょっとした”なのでそれほど癖はありませんね。
ただし狭いコースなので、ゴチャつく場面はあるので注意が必要です。

馬場コンデションはあまり良いわけではないので、冬から春に変わりかけのこの時期は馬場状態の把握がとても大切です。
先週くらいから、内ラチ沿いが荒れ始めて、時計がかかる馬場状態になってきているので、パワー系の馬の台頭を気にしておきたいところです。

週中や開催日当日に雨が降った場合は、さらにその傾向が強くなるのではないでしょうか。


◎出走馬分析
荒れた馬場にも対応できるパワーとスタミナを持つ馬に向きます。
状況によってはダート適性の高い馬でもチャンスがあるかもしれません。
今年は登録が10頭で、淋しいレースになりそうなので、適性が合えば多少力が落ちても勝負になると思います。

一頭目の注目馬は、カワキタエンカです。昨年の2着馬で、玉砕覚悟で逃げるタイプですね。
近走は惨敗続きですが、本来好走か惨敗かのどちらかという潔いタイプですので、特殊性のあるこのレースで激走の可能性は十分ありますね。

もう1頭はウインファビラスです。
昨年の同レースは大敗しましたが、ステイゴールド産駒でパワーを生かしながら小回りを器用に周ってくるタイプなので今年は巻き返せると思います。

それ以外ではブレイム産駒のランドネですね。
愛知杯3着があり、パワーの必要な馬場も合います。
ブレイムはロベルト系、母もエーピーインディなので、血統的にも合いますね。

毎年そこそこ好走するデンコウアンジュもこの頭数なら十分チャンスがあります。
最近は右回りでもスムーズに走れるようになっていますね。

とにかく混戦ですので、ビスカリヤやミッシングリンクといったダート路線の馬たちでも勝負になってしまうかもしれません。

当日の天候や馬場状態をしっかり分析して、最も適性の合う馬から買ってみたいレースですね。



万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース


関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田