NHKマイルカップに向けて。激戦のアーリントンカップ

万馬券ホース 竹田

-

こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文のアーリントンCの情報です。

◎レース分析
3歳馬限定のマイル重賞です。
クラシックレースも始まって有力馬はそちらに回ってしまうためレースの格が少し落ちるのも否めません。
ただし、NHKマイルCのステップとしては、良いレース間隔ですし、コースは違いますが同じ1600mで行われる点で理想的だと思いますね。

  
じっくり仕上げられてきた良血馬や、最初からNHKマイルCを目標にしている外国産馬など、突然大物が登場することもあります。
短距離タイプの馬や賞金不足の馬がここで新しい境地を開いていくチャレンジレースという感じもありますね。

無題


◎コース分析
阪神1600mは、外回りコースで行われます。
このコースはワンターンであることやコーナーがゆったりとしていることから、紛れが少なく有力馬が本来の力を発揮できるコースといえます。
ただし、季節が春に替わり、阪神開催も後半に向かうことで、差しが決まる傾向が強くなります。
このレースも例年、パワフルな追い込み馬が好走する傾向があります。


ゴール前の急坂もあるため、パワフルさが最も必要な要素になります。
血統的にはステイゴールドやロベルト系の産駒が最も合いますね。
京都や東京コースで差し損ねたパワー型が巻き返すイメージです。


今週は雨が降りやすいようなので、当日馬場が渋るようだとさらにパワー傾向が強くなると思います。
その視点で、激走しそうな馬を探していくのがいいでしょう。


◎出走馬分析
じっくり溜めてのパワフル差しがポイントです。
真ん中から外目の枠から後方で折り合いをつけ、直線で馬場の真ん中を突き抜けてくる馬を探してみます。


まず一頭目は、ジェミールフォルテです。
阪神の1600mで新馬勝ちした後連敗中ですが、それほど大きくは負けていません。
典型的なパワー型であるオルフェーブル産駒ですし、前走で先行して直線伸びなかった経験から、今回は控える競馬に戻ることも想像されます。ベスト条件で弾けるでしょう!

もう1頭はミッキーブリランテですね。
阪神コースは2戦2勝、京都コースは2戦2敗。レースの格はたしかに違いますが、坂のある阪神コースでパワーを生かす方が合うタイプでしょうね。父はディープブリランテで、ディープインパクトのパワー2割増しのイメージがあります。
今回は走り頃ですね。

人気になりそうなシンザン記念馬ヴァルディゼールですが、ロードカナロア産駒ですし半身に替わることが必ずしもプラスとは言えません。あくまでも押さえ評価ですね。
それよりも、ヴァンドギャルドをもう一戦見てみたいです。大事な場面での不利が続いていた同馬に、前走巻き返しの期待をしましたが、得意条件で展開も向いたにも関わらず案外な結果でした。
ここでダメなら見限ってもいいと思いますが、もう少しだけ可能性を信じたいと思います。

スピード勝負のNHKマイルCとは必ずしも直結しないかもしれませんが、本番をイメージしながら各馬の資質を見たいですね。





万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース

関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田