サンスポ賞阪神牝馬Sの展望~ヴィクトリアマイルへの道

万馬券ホース 竹田

-



こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文のサンスポ賞阪神牝馬Sの情報です。


◎レース分析
牝馬限定重賞の中では格上のレースですが、昔は暮れの阪神マイルで行われていて内外の有利不利が大きく波乱要素の大きいレースでした。
しかし、阪神競馬場が改修され、外回りで行われるようになってからは、有力馬がじっくりと脚を溜めてねじ伏せることができるようになりました。

また、施行時期も春に替わったことで、ヴィクトリアマイルや安田記念といった春のマイルG1を見据えた位置づけになりました。
また、日曜日に同じコース条件で行われるクラシックG1の桜花賞にも参考とされるレースと言えそうです。
基本的に牝馬限定重賞は、中盤が弛む流れになりがちですが、阪神の外回りではその傾向が一層顕著になります。


hanshinhinba




◎コース分析
阪神1600mは、外回りコースで行われます。
このコースはワンターンであることやコーナーがゆったりとしていることから、非常にフェアなコースと言えます。
じっくりと折り合いをつけて、ラストの直線での末脚勝負ができるため実力馬がいかんなく力を発揮できるコースです。

また、ゴール前の急坂もあるため、パワフルさも兼ね備えていないと勝負になりません。
血統的にはディープインパクト産駒に最も合う条件です。
またステイゴールドやロベルト系の産駒はパワフルに伸びてくるイメージがありますね。

年明けに中山で好走したダラダラ型や、京都で軽めのスピードを生かして好走した馬などは割り引きたいところですね。
今年の出走馬を見ると、パワー兼備の直線勝負型が結構多いので、ここで本領発揮してきそうなタイプがたくさんいると思います。


◎出走馬分析
じっくり溜めてのパワフル差しがポイントです。
枠順にももちろん左右されますが、血統や実績などから現在注目している馬を何頭か紹介します。

まず一頭目は、レッドオルガです。
母は阪神マイルで豪快な末脚を繰り出していたダンシングブレーヴ産駒のエリモピクシーですね。
その母にディープインパクトですから、阪神マイルが合わないわけがありません。ここは激走するでしょう。

もう1頭はラッキーライラックですね。
こちらは人気だと思いますが、阪神ジュヴェナイルS、チューリップ賞勝ち、桜花賞2着の舞台ですからここも崩れないでしょう。
父オルフェーブルは、ステイゴールドをさらにパワフルにした感じですからね。

サラキアも圏内です。
阪神外回り得意のディープインパクト産駒ですが、この馬も間違いなくベスト条件でしょう。
秋には阪神外回りコースのローズS2着でしたが、マイル戦になれば勝ったカンタービレよりも合っていると思いますね。


パワフルな差し合戦を楽しみたいと思いますが、一方で、このレースから馬場状態などの情報も手に入れて、翌日の桜花賞にもつなげていければいいですね。





万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース

関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田