日経賞の展望~春の天皇賞へ向けて

万馬券ホース 竹田

-
こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文の日経賞の情報です。

08776ee37e8ffff4ce65c2f8882a62c0.jpg


◎レース分析
阪神大章典と並んで、春の天皇賞のステップとなる代表的なレースです。古いところでは障害帰りのテンジンショウグンの激走が印象に残っていますね。当時は三連複や三連単はおろか、馬単馬券さえもなく馬連中心でしたが、2着のシグナスヒーローとの組み合わせで21万馬券になった衝撃のレースです。

天皇賞は温かくなった京都で行われ、高速馬場になるため、この時期の中山内回りで行われる日経賞は本番に直結しないレースと思われます。実際、日経賞の勝ち馬は本番ではばっさりと切ってしまってもいいくらいですね。どちらかというと、同じ中山の2500mで行われた有馬記念で、力を出し切れずに終わったG2格の馬が活躍する舞台のイメージが強いですね。

今年の登録メンバーを見ても、やはりその感は強いですね。


◎コース分析
中山2500mは、3コーナー手前からスタートし内回りコーナーを6回周るコースです。有馬記念も行われるコースですが、非常にトリッキーなコースといえます。まず最初のコーナーまでの距離が短いので、ポジション取りに苦労するため、外枠の馬は圧倒的に不利ですね。内枠からラチ沿いをスムーズに周れる馬が有利です。

また、中山名物のゴール前の急坂を2回も超えることになるので、パワーやスタミナも必要になります。つまり、パワフルでありながらコーナーリングが巧い器用なタイプが求められるのです。その意味でも本番の天皇賞とはまったく違う適性が必要なレースといえます。

前述のテンジンショウグンをはじめ、障害帰りの馬やダンシングブレーブ産駒などの重厚感溢れるヨーロピアン血統の馬が好走する理由もここにあるでしょう。


◎出走馬分析
このようなパワー系馬場で圧倒的に強いのがステイゴールド産駒ですね。今回も菊花賞2着以来となるエタリオウや日経新春杯2着以来のルックトゥワイスがステイゴールド産駒で、条件的にドンピシャです。人気になると思いますが、当然中心になります。

それでも日経賞というレースは、あっと驚く馬の激走が目立つレースですから、その他の穴馬にも注目しておきたいところです。

まず一頭目は、サクラアンプルールです。昨年の3着馬で、一昨年には札幌記念を勝っています。もう8歳馬ですが、高齢馬の激走も結構あるのがこのレース。内枠を引いたら、今年もチャンスありだと思います。

それ以外では、カフェブリッツやメイショウテッコンの2頭。ともにマンハッタンカフェ産駒です。特に後者は、スピードとスタミナの勝負になる京都コースで凡走後の中山コース替わり。一変するかもしれませんね。道悪巧者のクリンチャーもパワー勝負になれば浮上してくるでしょうね。

とにかく、波乱要素の多いレースですから高配当を狙いたいところです。



万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース
関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田