クラシックへ向けての始動!弥生賞

万馬券ホース 竹田

-
こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文の弥生賞の情報です。


◎レース分析
弥生賞の週がやってくると、「クラシックが始まるんだなぁ」と感じます。

無題


皐月賞トライアルの中でも、本番と同コース同距離で行われることや、ゆったりとしたレース間隔を取れることなどもあり、より本番を意識した有力馬が集まるレースですね。

かつては、「弥生賞といえば武豊」というくらい、武豊騎手が乗る有力馬が良い結果を残していました。
また、このレースで武騎手はよく、「脚を測る」レースをしていました。わざと後方から追走し、3コーナーからのスパートで勝負するやり方です。
その結果を見て、本番の作戦を考えていたように思います。

しかし、この10年で様相は大きく変わってしまいました。
武豊が馬券に関わる回数は大幅に減少しましたし、川田騎手や福永騎手などが活躍するようになりました。
今年は武豊騎手が好調なので、どのようなレースになるか楽しみですね。

◎コース分析
中山2000mは、内回りコースで急坂を2回超えます。また、1コーナーまでの距離が十分あるので、じっくりとポジションを取ることができます。

それでもコーナーは比較的きつく、全体的に狭いコースなので、外を回る不利や馬群に包まれる不利などが起こりやすいコースでもあります。できるだけロスなく、スムーズにレースできる馬にチャンスが生まれますね。

血統的には、ディープインパクトはもちろんですが、ステイゴールドやブライアンズタイムなどパワー系種牡馬の産駒が好走します。また、サドラー系も合いますね。
トライアルレースであり、3歳春のレースでもあるので、道中のペースは落ち着きますし、少頭数になるとなおさらですね。
今年も頭数は落ち着きそうなので、瞬発力も求められるレースになるのではないでしょうか。

◎出走馬分析
現在最も注目しているのは、ブレイキングドーンです。
この馬の前走は、G1ホープフルSで5着でしたが、早めに先頭に並びかけて抜け出す勝ちに行くレースでした。

残り5ハロンから11秒台が並ぶラップの中での早目仕掛けで、ラストは止まってしまいましたが十分見せ場を作ったと思います。
かつての武騎手が行った「脚を測るレース」が最もはまる馬だと思いますね。

また、同じくホープフルS惜敗組のニシノデイジーも当然チャンスですね。血統的にあまり評価は高くありませんが、3歳のこの時期までは安定した走るハービンジャー産駒ですから、まだまだ勝ち負け可能でしょう。

その他では、500万勝ちのカントルは、ディープインパクト産駒で十分チャンスがあるでしょうね。 
母系はブロードアピール×キンカメですから、一瞬のスピードを生かすイメージです。
本番は厳しいかもしれませんが、トライアルには向く血統だと思います。

前走京成杯勝ちのラストドラフトは人気の中心だと思いますが、ノヴェリスト産駒がどこまで大きなところで活躍できるか未知数なので、少し控えめに見ておきたいですね。
それよりも、ロベルト系のスクリーンヒーロー産駒のクリノガウディの方が面白いでしょう。

◎まとめ
いよいよ今年の牡馬クラシックが見えてきます。本番を楽しく見るためにも、1頭1頭のレースぶりや得意条件を見抜いていけたらいいですね。





万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース
関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田