春のGI戦線の鍵 中山記念!!スワーヴリチャード出陣!

万馬券ホース 竹田

-
こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文の中山記念
◎ レース分析
もともとは、春の天皇賞や安田記念に向けてのステップレースで、直接G1につながる感じのレースではありませんでした。

でも、大阪杯がG1になったことで一気に重要度がアップしましたね。実際に今年の出走馬を見ても、G1で勝負になる馬たちがたくさんいますし、とても楽しみなレースになりました。

中山の1800mという、マイルと中距離の中間に当たる非根幹距離ですから、有力馬が取りこぼすシーンもよく見られます。上がり馬と実績馬の力関係を図る上でも重要なレースだと思います。

無題


◎ コース分析
 中山1800mは内回りコースで、溜めが効きにくく器用さが求められます。馬場は1ヵ月ぶりの開催で、開幕週ですから内枠有利になります。また、春の訪れが感じられる時期なので、少しずつ速い時計が出る馬場になることも気にしておきたいですね。

 円形に近いコースをほぼ1周するのが、中山1800mです。もちろんコーナーリングの上手さが必要ではありますが、一方でゴール前の急坂を2度超えるタフさも持っていなくてはいけません。

血統的には、ネオユニヴァースやフジキセキ産駒などのスピードとパワーのバランスがとれたサンデー系が合います。また、カーリアンや軽めのサドラー系などにも合いますね。逆にエンジンのかかりが遅くモタモタするスタミナ型や、じっくり溜めて弾けるタイプは苦しいでしょう。また、非力なタイプにも辛いコースです。

◎ 出走馬分析
マイルCS勝ちのステルヴィオは、器用さもあり大崩れはしないと思いますが、東京や京都コースの方がパフォーマンスは高いでしょう。できるなら、しっかり溜めて弾けたいタイプです。

また、大阪杯価値のスワーヴリチャードは、昨年、距離もコースも問わず好走しました。まさに充実期ですね。ただし、大阪杯は勝ちましたが、もともとがサウスポーであり、右回りはモタつくところがあるので、器用さが求められる中山コースはマイナス材料です。積極的には狙いたくないですね。

今回の条件が合いそうなタイプは、昨年の覇者ウインブライト、皐月賞馬エポカドーロ、桜花賞2着馬のラッキーライラックあたりでしょうか。ウインブライトはステイゴールド、4歳馬2頭はオルフェーブル産駒で、似たタイプですね。クラシック戦線を終えて、ベスト条件に戻ってきた4歳馬2頭には注目ですね。


◎ まとめ
   大阪杯に向けて力関係が確認できそうな中山記念。ステルヴィオやスワーヴリチャードといった実績馬VS有力4歳馬エポカドーロ、ラッキーライラックという構図になりそうですね。ウインブライトやディアドラも、G1に向かうための試金石となる、とても楽しみの多いレースになりそうですね。



万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース
関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田