ダートの頂上決戦!今週開催のフェブラリーSの展望

万馬券ホース 竹田

-
こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文のフェブラリーSの情報です。

◎レース分析

東京ダート1600mで行われるG1レース。1997年にこのレースがG1に格上げされて、JRA初のダートG1になったことを今でも覚えています。

そして、このレースのおかげで、ダートで能力の高い馬が評価され、種牡馬としても評価されるようになったのです。また、ダートの格が上がったことで、ほぼダートで行われている地方競馬の価値も高まりました。中央と地方の垣根が低くなり、統一グレード制や騎手の交流戦も当たり前になっていったのです。

ですから、このレースは現在の競馬界に大きく貢献しているのです。さらに、G1レースが無く、シーズンオフ的な冬競馬を大いに盛り上げたレースでもあります。そのような偉大なG1フェブラリーSに敬意を払って予想してみたいと思います。

◎コース分析

東京ダート1600mは、芝からのスタートである点や、広いコースである点、最後の直線が長い点などが特徴的です。他の競馬場にない要素を含んでいるので、当然波乱も多くなります。また、1400mまでの短距離馬と1800m以上の中距離馬が混在することで、とてもタフな展開になることも知っておきたいですね。

枠順としては、芝部分を多く走れる外枠が有利とされています。コーナーが緩やかで、直線も長い東京コースでは、特にインコースを走ってロスを減らす必要がありません。むしろ、不利なく思い切り追い込める外枠の方がレースをしやすい面があると思います。

逆に、器用さや一瞬の切れで勝負する馬には酷なレースなのです。ここまでのレース実績をどのように評価するかがポイントになるレースですね。

血統的には、ブライアンズタイムやシンボリクリスエス産駒などのロベルト系、ゴールドアリュールやフジキセキ産駒などのサンデー系の他、アサティスやカーリアンなどのノーザンダンサー系が好走する傾向にあります。ミスプロ系やヘイロー系など瞬発的なスピードで勝負するタイプには厳しいですね。

このように血統的にもスタミナ優位のイメージで、傾向が見えやすいです。ですからリピーターが非常に多いですし、このコースを得意とするタイプは何度でも好走するといえます。

今年最初の中央G1であるフェブラリーS。近走の成績や話題性に惑わされることなく、しっかりとイメージに合った馬を見つけ出したいですね。


◎出走馬分析
まず注目は、ゴールドアリュール産駒2頭。ゴールドドリームとサンライズノヴァですね。

ゴールドドリームは東京マイルで5戦してオール連対。しかも2年連続このレース連対ですから順当ですね。地方の2000m戦にも対応できるほどスタミナも豊富です。

golddream.jpg


一方、人気的にはサンライズノヴァの方が面白いですね。前走は人気で飛んでしまいましたが、1400m戦でスピード志向の馬に向く流れでした。この馬なりには伸びていますし、今回はスタミナ志向のレースですし、巻き返せそうですね。3走前の武蔵野Sでは、強烈な差し脚を発揮したように、今回の条件では勝ち負け必至でしょう。

それ以外では、昨年の覇者ノンコノユメです。血統的にはミスプロ系で危うさもありますが、とにかく東京コースでこその馬ですからね。ここ4走のレースが隠れ蓑になって、ここで穴を開ける感じがします。

また、クインズサターンあたりも面白いですね。前走はうまくインを突いて3着を取りましたが、本来はマイル以上でパフォーマンスを上げるタイプ。押さえは必要でしょう。

最後に、今回人気になりそうなインティとコパノキッキングについてです。

インティは圧勝続きの6連勝中です。ただし、東京コース自体が初めてなので、自力勝負になった時に苦しくなるかもしれないですね。ケイムホーム(ミスプロ系)×ノーザンアフリート(ミスプロ系)ですから、一瞬の脚を生かすコースの方が合っていると思います。ここも勝つようなら、血統にこだわり過ぎず、評価する方がいい馬なのかもしれませんね。

もう一頭の注目馬、コパノキッキング。血統的にはインティよりは重厚ですが、距離延長がプラスに働くほどではないでしょう。鞍上の藤田菜七子騎手には頑張ってほしいですが、やはり、タフにガンガン追うタイプの方が、レース的にも馬的にもシックリきますね。


◎まとめ
いよいよ今年のG1スタートです。枠順の影響が大きいコースでもありますので、現時点での順位付けはできませんが、上に示した馬で決まるように思います。今週の予想は直前までかかりそうですがご期待ください。


万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース

 
関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田