アドマイヤマーズを倒すのはこの馬だ!共同通信杯の展望

万馬券ホース 竹田

-
こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。


荻原義文のシルクロードSの情報です。

◎共同通信杯レース分析
東京の1800mで行われる3歳重賞の共同通信杯。府中のこの距離は展開や枠順に左右されにくく自力勝負になりやすいので、実力馬の真価が見られるレースです。


クラシックを目指すには中途半端な時期のレースと考えられていましたが、近年はその後クラシックで活躍する馬がたくさん出ています。ゴールドシップ、イスラボニータ、リアルスティール、ディーマジェスティ、スワーヴリチャードなどですね。また、ディープブリランテ、スピルバーグ、サトノアラジン、ドゥラメンテ、アンビシャス、など後に活躍する馬の名前も見られます。


今年も魅力ある馬が多数出走予定ですので、楽しみに観戦したいと思います。


◎コース分析
東京1800mは展開や枠順に左右されにくく、不利も受けにくいコースです。その分、ごまかしが効かないので真価が問われるコースでもあります。この時期の3歳馬は、距離やコース適性を探る面もあるので、このレース独自のポイントをいくつかあげておきたいと思います。


まだまだ、明け3歳のレースですから、基本的に前半はスロー必至で、道中の折り合いがカギになります。折り合いをつけながらじっくりと脚を溜めて直線でいかに速い上がりを出せるかがポイントです。つまり、溜めて弾けるというイメージの馬が好走できるコースですね。


また、一昨年のスワーヴリチャードや昨年のオウケンムーンに共通するのは、左回り巧者であったという点です。右回りでは、内にモタれて追いづらい感じだったのが、左回りに変わってスムーズになったことで好走できるようになりました。ただ今回は、それほど右回りで苦しそうにしている馬はいないので、あまり気にしなくていいように思います。


このレースの予想ももちろん大切ですが、今後のクラシックレース本番に向けて、各馬の能力や特徴を知る上で大いに参考になるレースであると言えますね。



◎出走馬分析
今年の出走メンバーの中で注目は

○○○○ですね。

2戦2勝の馬ですが、とにかく勝ち方に大物感があります。特に前走のひいらぎ賞は、中山マイルというトリッキーなコースで、外枠の不利をものともせず、外々を回りながらラストは余裕十分に差し切りました。ですから、実績面ではアドマイヤマーズやクラージュゲリエより下ですが、まったくヒケを取らないはずです。


血統的にも、ディープインパクト×ストームキャットという配合で、じっくり溜めて弾けるタイプなので、府中の1800mはベスト条件。前走からの上積みも十分でしょう。


◎まとめ
頭数は少なくなりそうな今年の共同通信杯ですが、出走メンバーのレベルは非常に高いですね。前走G1勝ちした4連勝中のアドマイヤマーズを筆頭に、2000mの京都2歳Sを完勝したクラージュゲリエ。新馬戦の勝ち方が素晴らしかったゲバラは、ディープインパクト×ナリタトップロードという配合で、今回の条件も合うでしょう。その他の1勝馬も見どころのあるレースぶりで勝ってきていますし、とても楽しみですし、予想にも力が入ります。

最後に、週末の天気だけが心配ですね。ぜひ良い馬場で戦って欲しいものです。


万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース

 
関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田