一番人気のヴァンドギャルドを負かす古賀厩舎の刺客

万馬券ホース 竹田

-
こんにちわ。万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。


荻原義文のシルクロードSの情報です。


◎きさらぎ賞レース分析

京都の1800mで行われる3歳重賞のきさらぎ賞。皐月賞につながる弥生賞やスプリングSと比べると重要度は低いレースですが、歴代の好走馬を見るとすごい名前が並びます。ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、ネオユニヴァース、オルフェーブルなど種牡馬として活躍している馬もたくさんいますね。ナリタトップロード、アサクサキングスなどは菊花賞で開花しました。最近ではサトノダイヤモンドやルージュバックなどもこのレースを制して出世していきました。

とにかく、この時点ではわからなくても、後の大スターが隠れているレースと思って観戦するのがいいでしょうね。


◎コース分析
ここでの好走馬が後に出世していくのは、京都の1800mというコース形態も関係しています。京都の芝コースは3コーナーにある坂の頂上から一気に下るという特徴があります。しかも、外回りでは最後の直線が長く、いい脚を長く使えるスタミナが要求されます。そのため、ごまかしが効かない実力勝負となるんですね。

ただ、明け3歳のレースですから、基本的に道中はスロー必至です。追い出しのタイミングも遅くなるため、折り合いをつけながらじっくりと脚を溜めて直線ですばやく抜け出せるスピードも必要です。“折り合い”“溜め”“抜け出すスピード”は、クラシックで戦う有力馬たちにとっては必要不可欠な力なので、ここで好走できる馬はクラシックでも戦えることになるのです。

このコースは最後の直線が長く平坦であることや少頭数のため、前が詰まる心配も少ないですし、展開にも左右されにくい、実力勝負になると思います。そんな中で良いレースができた馬は、今後が非常に楽しみになると思います。


◎出走馬分析
今年の出走メンバーの中で注目は、やはりヴァンドギャルドですね。前々走は、激ペースのせいで、直線で長く脚を使わされてしまったし、前走はG1でしたが不利だらけのレース展開で6着に沈みました。でも、もしスムーズだったら勝ち負けできたかもしれませんね。もともと、ディープインパクト産駒らしく溜めが効く方がいい脚を使えるタイプ。新馬戦のような展開では速い抜け出しが可能になります。

これだけ不利な展開の中でも好走してきたヴァンドギャルドですから、京都の外回りに代われば持ち味を思う存分発揮できると思います。このレースはサンデー系、特にディープインパクトにはぴったりな条件ですし、一変する可能性は高いのではないでしょうか。また、母系には、サドラー系のモチベーターやサクラローレルの父であるレインボークエストが入っていて、その重厚さが発揮されれば、豪快に突き抜けることも十分考えられると思います。もちろん、道悪も鬼でしょうね。

しかしながら忘れてはいけないあの1頭。

DsL2i2NVAAE8qWJ.jpg


東京スポーツ杯で先着を許した

○○○○

である。振り返ってみればレースレベルは高く素直に着順を評価するべきであろう。

予想、スター馬探し、レース展開、などたくさんの楽しみがある“きさらぎ賞”。
クラシックの登竜門として是非当てておきたい。


万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース

 
関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田