万馬券ホース!荻原義文の魂の1点予想~アルゼンチン共和国杯編

万馬券ホース 竹田

-
こんにちわ。
万馬券ホース(manbaken-horse.net)の竹田です。

荻原義文の今週のアルゼンチン共和国杯情報です。
20181029manbaken-horse

-----

秋の大舞台に夢をかける中長距離戦線ハンデキャップ重賞
過去の勝ち馬からもわかるようにスクリーンヒーローやトーセンジョーダン、ゴールドアクターにシュヴァルグラン、そしてスワーヴリチャードなど今年も中長距離戦線の将来を担うスターホースの誕生も期待される一戦がアルゼンチン共和国杯だ。

舞台は東京芝2500m。
同条件で行われるレースは1年を通して2~3回しか使用されないため、好走馬の連動に注意していく必要がある。
最後の直線の坂下からスタートするため、ペースは落ちつきやすいが道中はある程度流れる傾向にあるので、東京の最後の長い直線に必要な瞬発力に加え、長距離戦ならでは持久力を兼ね備えている馬の台頭が目立っている。

今年の出走登録馬を見渡してみると

●●●

がまさに好走馬に該当する。

枠順に目線を向けてみるとスタートから1コーナーまで距離があり枠順による有利不利はそれほどなさそうに思えるが、近年は8枠が大不振で、1枠も不振が続いているので馬券組み立てにおいて頭に置いておくといいだろう。
そこら辺を踏まえて一点予想を出すのでご期待頂きたい。

万馬券ホースの必勝予想を見るには『友達追加』お願いします。
万馬券ホース

万馬券ホース
関連記事
Posted by万馬券ホース 竹田